抗ガン剤と水素の併用で、辛い治療が楽々だった、鍋島勉さん

投稿者: | 2017年11月1日

こんにちは、水素豆研究家のあったか社長、國武栄治 です

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ blogランキングはこちら、感謝。

※個人の感想です。

抗ガン剤と水素の併用で、治療の苦しみが無く、看護婦さんがビックリしていた。

初めにガンかも知れないと言われ、1ヶ月様子を見た時には薬の投与はなかった。

水素だけを飲み、1ヶ月の検査では正常値になっていた訳ですから、鍋島さんが、水素の効果を感じて飲み続ければ、抗がん剤を打ち、長期入院する事はなかったかも知れません。

医師が水素を認めてくれれば・・・

【鍋島勉さんの当時の流れ】

血液のガンかも知れない→1ヶ月様子を見て再検査→その間、水素摂取→1ヶ月の後の検査で正常値→医師に一時的で問題なしと言われる→水素摂取中止→数か月後具合が悪くなり緊急入院・即抗がん剤投与→併用して水素摂取→1ヶ月後数値改善、抗がん剤が効いてると医師に言われ水素摂取またまた中止→その後、数ヶ月抗がん剤投与するが数値の改善はない上、副作用に苦しみ、ここで初めて水素効果に気付く。

抗ガン剤+水素で、副作用も無くなり数値も正常値まで下がり、今は元気に職場復帰出来た。

水素に感謝・感謝。

読んで頂き有難う御座います、水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を。

↓水素をもっと知りたい方↓健康に興味ある方↓ビジネスで稼ぎたい方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=100

blogランキングポチッとお願いします↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ 感謝