生きる上で体内に発生するエネルギーの副産物『活性酸素』が200種以上の病気の根源で、水素が有効

投稿者: | 2017年9月26日

こんにちは、水素豆研究家のあったか社長、國武栄治 です

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ blogランキングはこちら、感謝。

人は生きて行く上で、エネルギーを必要とします。

体内でエネルギーを生成する時に過剰な活性酸素が作り出され、その活性酸素が色々な病気の原因となります。

活性酸素が原因の病気は、糖尿病、ガン、膠原病、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞など200種類以上です。遺伝子DNAを傷つけ、間違った細胞を作る事で、多種多様な病気を産み出します。

フランスのルルドの泉を初め、奇跡の水と言われる水が、この活性酸素を除去する事が証明され、科学的に調べた結果、共通して水素を多く含む水だったと言う訳です。

そこで、人工的に水素を含ませた商品が作られ、病気で悩む方々の強い味方となりました。

 

読んで頂き有難う御座います、水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を。

↓水素をもっと知りたい方↓健康に興味ある方↓ビジネスで稼ぎたい方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=100

blogランキングポチッとお願いします↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ 感謝